食品加工風景

食品加工 外国人技能実習制度「惣菜製造業」職種
「惣菜製造業(惣菜加工作業)」は2015年4月、新たに職種認定されました。
 外国人技能実習制度で定義されている「惣菜製造業(惣菜加工作業)」は、大量調理機械を使用し、 食材原材料の下処理、炊く、茹でる、揚げる、炒める、煮る、焼く、蒸す、合(和)える等の調理加工及び 殺菌処理等により惣菜加工品を製造する作業をさします。  なお、全ての作業を行っている必要はありません。
 惣菜製造業を始め、冷凍食品製造やセントラルキッチンなど幅広い業態で受入が可能です。


外国人技能実習制度における日本惣菜協会の役割

日本惣菜協会は、国の公的機関である公益財団法人国際研修協力機構(JITCO)より 「惣菜製造業技能評価試験実施機関」として正式に認定されました。

外国人技能実習生受入企業ガイドライン

般社団法人日本惣菜協会では、外国人技能実習生受入れ事業者自らが、本制度について正しい知識に基づき正しく運用し、 コンプライアンスを遵守することが業界の安定成長に必要不可欠と考え、「外国人技能実習生受入ガイドライン」- 実習生受入における留意事項-を作成しいたしました。
 外国人技能実習生受入時には、本ガイドラインをご活用頂きますようお願いいたします。

資料請求

外国人技能実習制度

はなみずき事業協同組合